自動販売機の機能

缶ジュース

自販機設置のメリットについて

自販機設置のメリットについて考察いたします。自販機は誰がどのような目的で設置し、どの程度の利益を上げているか、気になる人は少ないことでしょう。自販機設置の理由は純粋に利益という点だけではなく、福利厚生という観点から設置されていることもあります。明らかに人気が少なくてビジネスにならないからといって、自販機がその地域にないということになれば、そこに住む人にとっては生活福祉の問題となります。つまりそれは行政の仕事という場合もあるということです。また自販機設置における利益は、場所によるところが大きいそうで一概に言えませんが、一般的には月に10万円〜の利益が見込まれるそうです。このためにアパートやマンションのオーナーなどが、建物のそばに個人で設置するというのも一般的なようです。

騒音問題は検討の余地がある

自販機の大半は、夜間の騒音問題という点から改善の余地があると言われています。ジュースが落とされたときの「ドスン」という音は、夜間には一際響くものですし、缶をゴミ箱に捨てたときの「カランコロン」という音も、小さくはありません。加えて当たり付きの自販機などは、ピーピーと効果音が響いたりするものです。これらは長い目で見れば、改善されていく必要があるものと言えるでしょう。最近では自販機もタッチパネル方式へと移行してきていますし、今後ハイテク化が進む上で騒音問題と向き合う段階もくるのではないでしょうか。なお水分や食料以外の物販をメインとした自販機も存在しており、例えば今後はネットマネーカードなどが自動販売化されることもあるかもわかりませんし、多くのものが自動販売化することで、市場が拡大すれば騒音問題も積極的に解消されることになるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加